ヘビースモーカーはsaku2er このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-03-20

[]木村カエラsakusaku卒業 木村カエラ、sakusaku卒業 - ヘビースモーカーはsaku2er を含むブックマーク はてなブックマーク - 木村カエラ、sakusaku卒業 - ヘビースモーカーはsaku2er 木村カエラ、sakusaku卒業 - ヘビースモーカーはsaku2er のブックマークコメント

http://www.tvk-yokohama.com/saku2/talk.html

ついにカエラちゃんが 『 saku saku 』 を卒業する。

キャスティングから丸3年、“荒削りな頃”(笑)からずっと注目してくれたサクサカーからしたら、さぞかしその成長ぶりに感心、いや、

感動すら覚えていることだろう。

彼女は 『 saku saku 』 をライフワークにしつつ、楽しみ、やがて、レギュラーから1年も経った頃、「歌をメインに活動していきたい」 ことをオイラに告げる。

どこか自信なさげに “住人” をつとめていた彼女が、ちゃんと明確な目標をもっていることが嬉しくて “人生の応援をするつもりで” 始めたCD制作。

ただこればっかりは、いろんな人を巻き込まないことには成立しないから、当時、かなり神経を擦り減らして動き回ったものだ。 しかし、その時々の作業の中でカエラちゃんは、

それらにまつわる複雑な思いを見事に吹き飛ばしてくれた・・・



コーディングでみせた彼女の音感の良さ、メロディーに歌詞を乗せていく時のセンスetc.いろんなオトナとの初めての共同作業をさせても、物怖じせずに取り組んでくれた。

また、その誰もが 「伸びやかでいい歌いっぷりだね」 と褒めてくれるので、まだ発売もしていないのに、何の確証もなく“自信” を持たせてくれた。

実は 「What ever are you looking for ?」 が一番最初に出来た曲なんだけど、完成したその曲が 「結果が出なかったらどうしよう」 なんていう不安を忘れさせ、癒してくれた。

そして 「Level 42」 の発売・・・「happiness !!! 」 発売・・・そして、

アルバム 『KAELA』 が完成・・・いろいろ当時の事を思い出すと目が潤んでしまう。

音源制作から発売に至るまで、メーカーさんたちが熱く仕事し“ヤミツキ” になる気持ちがよくわかる。

「スキ」 と思えれば熱くなって頑張れるのは、何も恋愛だけじゃないんやねぇ・・・



明確な目標を持って取り組んだ結果、彼女は今や本当に大勢のファンを獲得した様だ。

それは自分の “夢” を叶えた、ということを意味する。

自宅やカラオケ、友達とスタジオで歌うetc. の日々から、ついに

プロ用の “鍵” を手渡され、自らその扉を開けて、自分が一生懸命に歌い、表現することで人々に感動を与える世界に勇気を持って飛び込んだ・・・

彼女は今、その夢の真っ只中にいるのだ。

何とも難しい世界に挑戦したものだ。

いくら自分が憧れていた “職業” だとしても、相手のあることだ。

「スキ・キライ」 でCD購入が判断されてしまう。

世間一般でカエラちゃんのCDが、ほぼ日常の習慣のごとく購入する “お米やパン” 的な感覚の商品になれば、B’zのように 「何を提供しても1位」みたいになれるんだろうけど(笑)。

でも、そんなミュージシャンはほんのひと握りだ。

そのあたりを目標に定めるのなら、カエラちゃんはさらに努力していかなくてはならない・・・



ひきとめていたのなら残っていたかもしれない。 もちろん、楽しければ楽しいで続けていくことは間違ったことではないけれど、番組的には同じMCが丸3年もつとめたことがない。

すでに “特例” の領域だ。

その一方で 「売れたものを逃すのか・・・」 なんてエグいことを言う人もいる。 でも、そういったことを言われる様になったのは何だか誇らしい。

ミュージシャン木村カエラ” の誕生だ。

もう 『 saku saku 』 で内向きでいる場合ではない(笑)。

周りだって放っておかないでしょうに・・・これは “オトナの事情” なんかじゃないし、

“オトナぶってるコドモの事情” でもない。

思いやり溢れる “家族会議で話し合って決めたこと” だ。 悔し涙なんか流していない・・・



今後、どんどんライブやって、どんどん曲つくって、どんどんいろんな事に挑戦して、いまだにあなたのことを知らない人たちに向けて、どんどん“ならではの” 才能をみせてほしい。

あなたは今や “家族” なのだから、会いたくなったら、ゲストか何かで戻ってくればいい(笑)。

また何か手伝って欲しいことがあれば相談してくださいな。

「かわいい子には旅をさせよ」・・・う~ん、ちょっと違うか!?

 皆さんが 「きっと、そういうことなんだな」 と思ってくれれば嬉しいです。

カエラちゃんとヴィンちゃんサクサクがいいのだ!」 と怒っている人、本当に申し訳ない。

でも、カエラちゃんは今後、『 saku saku 』 を卒業してもいろんなところで頑張るし、オイラ他スタッフも、今まで以上に頑張るのだ。

「期待することが増えた」 くらいの思いでいてくれたらこれまた嬉しいです。

3月31日(金)まで、めいっぱいに カエラちゃん と の 『 saku saku 』 を“笑いあり ・ 涙あり” でお届けしますし、

4月以降も番組は続いていきますので、今後ともよろしくお願いします。

卒業シーズン”、何だか切ないですね・・・

<おわり>

トラックバック - http://saku2er.g.hatena.ne.jp/ageharock/20060320